喜多川歌麿 傑作集 8図


江戸時代に浮世絵師として宝暦3年(1753年)から文化3年(1806年)頃まで活躍し国際的にもよく知られる喜多川歌麿(きたがわ うたまろ)。喜多川歌麿の傑作集の中から春画をご紹介します。

極地に入る前の状態の男女。画面一杯に大きく伸びやかに取り入れた構図。背後の鏡に映る足の指と長い髪が全体図を引き締めている。歌麿の海女図にもよく見られるが、髪のホツレには裏更こだわったようである。いずれも色調と線の美しさ、手足の指先の表情が登場人物の気持ちをここまで表現し得るものか。

 Sサイズ  72 dpi  640×492 pixel  ウェブ用に活用できます
喜多川歌麿・傑作集・8図
喜多川歌麿の傑作集の8図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1536 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
喜多川歌麿・傑作集・8図
喜多川歌麿の傑作集の8図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited