恋川笑山「梅の春」3図


文政4年(1821年)~明治40年(1907年)に活躍した浮世絵師・恋川笑山(こいかわ・しょうざん)。江戸末期から明治かけての退廃的なエロティシズムを内包した作品を生み出しています。男女入り乱れてのその独特のエロティシズムは江戸時代の春画の中でもひときわ目をひきます。

花魁を相手にその最中、障子の陰よりそっと見やる遊女、それにチラッと目をやる二人。

 Sサイズ  72 dpi  640×486 pixel  ウェブ用に活用できます
恋川笑山「梅の春」3図
恋川笑山の「梅の春」の3図(Sサイズ)です。
 Mサイズ  300 dpi  2000×1519 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
恋川笑山「梅の春」3図
恋川笑山の「梅の春」の3図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited