松亭金水「朝比奈巡」4図


松亭金水(しょうてい・きんすい)の「朝比奈巡(あさひなめぐり)」の4図です。江戸時代後期の作家・松亭金水(寛政9年(1797年)-文久2年(1863年))は書道家・谷金川と為永春水(ためなが・しゅんすい)の弟子であった。「金水」の号は、金川と春水の両師から一字ずつ貰っている。

奇怪で異風の絵師で当時その画風を愛でる人も多かった。国貞(くにさだ)合作による作品もあり、歌川一派の交流も多く、国芳(くによし)にも通じる作品も多い。一典斎丸麿の号名でも解るが麿丸武代を継いだものと思われる。

登場する人物、「暫」の隅取りよろしく、ノッシと歩く巨人が諸国を巡りての図である。日本版ガリバー旅行記といえる。

柔利国。一名片身の国という。この国の人、足一本にて不自由であり、故に心安き人とは手を取り合って歩くとある。しかし、これがこの国の風俗であればと結ぶ。金水の絵はその風変りさの内に常にユーモラスが漂う。

 Sサイズ  72 dpi  640×501 pixel  ウェブ用に活用できます
松亭金水「朝比奈巡」4図
松亭金水の「朝比奈巡」の4図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1565 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
松亭金水「朝比奈巡」4図
松亭金水の「朝比奈巡」の4図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited