歌川国吉「春情吉原源氏」6図


歌川国吉(うたがわ・くによし)の「春情吉原源氏」の6図です。豊国一門の末尾を飾る絵師。幕末の人、作風は新しい風潮を加え、嫌みがない。

美人は最も天上の楽有り。閨中之一曲。左手下部に大きくゆらぐ燭台の前、団扇(うちわ)に絵師の名が浮かぶ。一連の国吉の作品は男女の目がそれぞれ孤立している事である。決して歌舞伎の見得を切る目ではない。色彩の美しさと共に新鮮さが全体を覆っている。画面の汚れ、破れなどがあるが、それが浮世絵衰退後の歴史を物語っている。

 Sサイズ  72 dpi  640×467 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国吉「春情吉原源氏」6図
歌川国吉の「春情吉原源氏」の6図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1460 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国吉「春情吉原源氏」6図
歌川国吉の「春情吉原源氏」の6図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited