歌川国房「東海道五十三次」7図


歌川国房(うたがわ・くにふさ)の東海道五十三次の7図です。桑名はまぐりから始まり四日市、草津、大津へと一連の旅路と三味図、石部の御用飛脚の乱暴なこと。当時の絵師国芳の猫好きに触発されたのか、庄野と草津に猫のユーモラスな所作が面白い。五十三次絵は庶民の旅の友となり得たことであろうか。

 Sサイズ  72 dpi  640×474 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国房「東海道五十三次」7図
歌川国房の「東海道五十三次」の7図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1480 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国房「東海道五十三次」7図
歌川国房の「東海道五十三次」の7図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited