歌川国房・芳盛「貞喜睦笑画抄」1図


江戸時代末期の歌川国房(うたがわ・くにふさ)・歌川芳盛(うたがわ・よしもり)らによる貞喜睦笑画抄(ていきむつごとがしょう)。いずれも豊国門人で文化文政年代に活躍。大錦絵で見るべきものも作っている。田植図”子種を蒔くは田地を撰ぶべし”御厩曾取囲炉裏の間の交合は味はかくべつなり。紙漉場(かみすきば)、恋慕辛苦長途へと一連の作が続く。京大原女の丸味のある力強さに好感が持てる。

 Sサイズ  72 dpi  640×474 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国房・芳盛「貞喜睦笑画抄」1図
歌川国房・芳盛の「貞喜睦笑画抄」の1図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1482 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国房・芳盛「貞喜睦笑画抄」1図
歌川国房・芳盛の「貞喜睦笑画抄」の1図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited