歌川国直「逢夜五川雁金」1図


豊国門人。文化天保年間に活躍。北斎の画風の影響を取り入れ、役者絵、美人画などを制作した浮世絵師の歌川国直(うたがわ・くになお)の「逢夜五川雁金」の1図です。晩年に画業を廃すとある。このあたり何か謎が秘められているようで、これからの調査に待つ。

佛前にての交合図。”浅黄ちりめんの湯文字濡れて””今は人目もいとはばこそくい込む様に締め付け”矢張り通常の交合図にない言葉が続く。断片であるため子細は解らぬが意味あり気であり、二人の逢引きに妙に固さを感じるのはそれ故である。

 Sサイズ  72 dpi  451×640 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国直「逢夜五川雁金」1図
歌川国直の「逢夜五川雁金」の1図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  1410×2000 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国直「逢夜五川雁金」1図
歌川国直の「逢夜五川雁金」の1図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited