歌川国芳・江戸錦「吾妻文庫」(下巻)1図


寛政9年(1798年)~文久3年(1861年)に活躍した浮世絵師・歌川国芳。江戸時代末期を代表する四大浮世絵師の一人であり、画想の豊かさ、斬新かつ確実なデザイン力で広範な魅力を持つ作品を生み出した。

修羅絵師として迫力ある町絵、武者絵が有名である。近代感覚あふれる斬新な造形性が再評価され、現代の若者にも国芳は人気があります。

大胆な図柄を伸びのびと描く手法は流石である。江戸色を多く用い、湯上りの女を描いて見せる。男の太い腕が割り込むように浴衣の間へ。生き生きとしたキスシーン。

 Sサイズ  72 dpi  640×450 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国芳・江戸錦「吾妻文庫」(下巻)1図
歌川国芳の江戸錦「吾妻文庫」(下巻)の1図です。
 Mサイズ  300 dpi  2000×1405 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国芳・江戸錦「吾妻文庫」(下巻)1図
歌川国芳の江戸錦「吾妻文庫」(下巻)の1図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited