歌川国虎「男女寿賀多」5図


豊国門人として代筆説まで生まれるくらいの技量を持ち、自分を主張し得た町絵師として江戸時代に活躍した浮世絵師、歌川国虎(うたがわ・くにとら)の男女寿賀多の5図です。

「花月」。梅の咲きほこる縁側で肌もあらわに爪切りに耽ける女性。梯子を掛け、塀越しに見入る下男風男の表情、なんともユーモラスな一刻である。

 Sサイズ  72 dpi  640×472 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国虎「男女寿賀多」5図
歌川国虎の「男女寿賀多」の5図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1474 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国虎「男女寿賀多」5図
歌川国虎の「男女寿賀多」の5図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited