歌川国貞「恋の八房」1図


豊国門で国芳(くによし)の兄弟子であった江戸時代の浮世絵師・歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「恋の八房」の1図です。

当時通俗水滸伝とか里見八犬伝が世に受けた、両雄を女性に見立てての格闘図である。勾配急な屋根の上での激しい戦い、飛び交う躍動感とエロチシズムに圧倒される。古雅(こが)の御所両犬百美人と妃倒すとある。

 Sサイズ  72 dpi  640×487 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国貞「恋の八房」1図
歌川国貞の「恋の八房」の1図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1522 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国貞「恋の八房」1図
歌川国貞の「恋の八房」の1図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited