歌川国貞「恋の八房」3図


豊国門で国芳(くによし)の兄弟子であった江戸時代の浮世絵師・歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「恋の八房」の2図です。

豪華な布団敷く間も待てず艶事に更ける宵。蠟燭(ろうそく)が二本重ねてあるのは少しでも明るくしたいのか、少しでも時間に執着のあらわれか。

 Sサイズ  72 dpi  640×457 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国貞「恋の八房」3図
歌川国貞の「恋の八房」の3図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1427 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国貞「恋の八房」3図
歌川国貞の「恋の八房」の3図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited