歌川国貞「恋の八房」4図


豊国門で国芳(くによし)の兄弟子であった江戸時代の浮世絵師・歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「恋の八房」の4図です。

とどめなく続く交合図。屏風にある婦喜用又平画の字がジッと見詰める。前図においては蝶子又平筆とある国貞の隠号は不器用又平、若しくは又平筆が多い。

 Sサイズ  72 dpi  640×464 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国貞「恋の八房」4図
歌川国貞の「恋の八房」の4図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1449 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国貞「恋の八房」4図
歌川国貞の「恋の八房」の4図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited