歌川国貞「秋の七草」3図


豊国門人で弟弟子に歌川国芳(うたがわ・くによし)がいる江戸時代の浮世絵師(天明6年(1786年)~元治元年(1865年))歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「秋の七草」の3図です。

町の一角瀬戸物店先。客の振りをしてそっと言い寄る男。それをじっと見詰める目が障子の内、売り上げのための看板と思えども、帳場の前にも座せぬ己のつらさ。店の展示品を子細に見ると、当時の家庭内における瀬戸物を通じての生活が目に浮かぶ。

 Sサイズ  72 dpi  640×462 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国貞「秋の七草」3図
歌川国貞の「秋の七草」の3図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1444 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国貞「秋の七草」3図
歌川国貞の「秋の七草」の3図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited