歌川国貞「秋の七草」4図


豊国門人で弟弟子に歌川国芳(うたがわ・くによし)がいる江戸時代の浮世絵師(天明6年(1786年)~元治元年(1865年))歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「秋の七草」の4図です。

町娘の輪姦(りんかん)図。若衆、町奴、無頼漢、逸物を受けようとする娘の目、抗いも空しい。既に澄ましておきながら、心配気にそれを見やる二人。若衆は緊張の余り無意識に湯舌に口をつける。狼藉も程々に可哀相である。絵師は人間の本能をここまで訴えるものであろうか。

 Sサイズ  72 dpi  640×455 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国貞「秋の七草」4図
歌川国貞の「秋の七草」の4図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  2000×1423 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国貞「秋の七草」4図
歌川国貞の「秋の七草」の4図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited