歌川国貞 春情奴談「水揚帖」(下巻)4図


天明6年(1786年)~元治元年(1865年)の江戸時代に活躍した浮世絵師・歌川国貞(うたがわ・くにさだ)(三代目歌川豊国)。初代歌川豊国の門人であり、面長猪長首の美人画が特徴であり、作品の数は浮世絵師の中で最も多い。「源氏絵」ブームを巻き起こし、歌舞伎にも影響を与えた。時代の粋な女性像を表現している。

町男が”その手をこっちえやって”と指南しつつの交合図。国貞の艶本に良く登場する男像は妙に生々しく、厚子のような上仕掛けはその図柄から伊達男の嘲笑であった。横の置物は中国からの輸入品の石細工で玉と云われる玉が二つ。当時舶来品として珍重されたもの。

 Sサイズ  72 dpi  640×471 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国貞 春情奴談「水揚帖」(下巻)4図
歌川国貞の春情奴談「水揚帖」(下巻)の4図(Sサイズ)です。
 Mサイズ  300 dpi  2000×1471 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国貞 春情奴談「水揚帖」(下巻)4図
歌川国貞の春情奴談「水揚帖」(下巻)の4図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited