歌川国麿 艶色美談「露之飛奴間」7図


江戸時代末期から明治時代初期にかけての浮世絵師・歌川国麿。歌川国貞の門人であり、最初は歌川貞房の門人だったという。幕末期に風俗画、双六絵、版本の挿絵などを残している。錦絵を得意としただけあって、多色摺りで江戸色を使用。往時の風情を残した。

女は酔いしれ、歓喜にむせぶ。男はその所作を見ながらの一刻、この場でも国麿は小道具をこと細かに画いて見せる。脱いだ衣類の上にある根付、伊萬里の焼物、煎茶の道具から小床の障子絵に至るまで。

 Sサイズ  72 dpi  640×464 pixel  ウェブ用に活用できます
歌川国麿・艶色美談「露之飛奴間」
歌川国麿の艶色美談「露之飛奴間」の7図(Sサイズ)です。
 Mサイズ  300 dpi  2000×1450 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
歌川国麿・艶色美談「露之飛奴間」7図
歌川国麿の艶色美談「露之飛奴間」の7図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited