菊川英山「恋の秋男婦寿」7図


菊川英山(きくかわ・えいざん)の「恋の秋男婦寿」の7図です。通称万次郎、父菊川英二は狩野派に学び、歌麿、北斎風を摂取。一門には英里、英山、ほか英泉が一門にいる。

前戯の部分図であるが、清長<袖の巻>にも上品開之図として同図がある。男の手首を描き、その筋肉一つの動きでこうも変わるのかと思うくらいリアル感を持って美しく描かれている。

 Sサイズ  72 dpi  446×640 pixel  ウェブ用に活用できます
菊川英山「恋の秋男婦寿」7図
菊川英山の「恋の秋男婦寿」の7図(Sサイズ)です。

 

 Mサイズ  300 dpi  1393×2000 pixel  ポスターなどの印刷物に最適です
菊川英山「恋の秋男婦寿」7図
菊川英山の「恋の秋男婦寿」の7図(Mサイズ)です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Right-click prohibited