日別: 2017年7月3日

歌川国貞「欠題(上、下巻)」6図

歌川国貞「欠題(上、下巻)」6図

歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「欠題(上、下巻)」の6図です。のちの三代目歌川豊国である歌川国貞(天明6年(1786年)-元治元年(1865年))は江戸時代の浮世絵師です。初代歌川豊国の門人であり、面長猪首(おもながい […]

もっと読む
歌川国貞「欠題(上、下巻)」5図

歌川国貞「欠題(上、下巻)」5図

歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「欠題(上、下巻)」の5図です。のちの三代目歌川豊国である歌川国貞(天明6年(1786年)-元治元年(1865年))は江戸時代の浮世絵師です。初代歌川豊国の門人であり、面長猪首(おもながい […]

もっと読む
歌川国貞「欠題(上、下巻)」4図

歌川国貞「欠題(上、下巻)」4図

歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「欠題(上、下巻)」の4図です。のちの三代目歌川豊国である歌川国貞(天明6年(1786年)-元治元年(1865年))は江戸時代の浮世絵師です。初代歌川豊国の門人であり、面長猪首(おもながい […]

もっと読む
歌川国貞「欠題(上、下巻)」3図

歌川国貞「欠題(上、下巻)」3図

歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「欠題(上、下巻)」の3図です。のちの三代目歌川豊国である歌川国貞(天明6年(1786年)-元治元年(1865年))は江戸時代の浮世絵師です。初代歌川豊国の門人であり、面長猪首(おもながい […]

もっと読む
歌川国貞「欠題(上、下巻)」2図

歌川国貞「欠題(上、下巻)」2図

歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「欠題(上、下巻)」の2図です。のちの三代目歌川豊国である歌川国貞(天明6年(1786年)-元治元年(1865年))は江戸時代の浮世絵師です。初代歌川豊国の門人であり、面長猪首(おもながい […]

もっと読む
歌川国貞「欠題(上、下巻)」

歌川国貞「欠題(上、下巻)」1図

歌川国貞(うたがわ・くにさだ)の「欠題(上、下巻)」の1図です。のちの三代目歌川豊国である歌川国貞(天明6年(1786年)-元治元年(1865年))は江戸時代の浮世絵師です。初代歌川豊国の門人であり、面長猪首(おもながい […]

もっと読む
溪斎英泉「淫本秋花盃」12図

渓斎英泉「淫本秋花盃」12図

渓斎英泉(いんさい・えいせん)の「淫本秋花盃」の12図です。 士分の家に生まれ士官するも、流浪。かなり変転の生活を送ったようである。遊女屋を経営したりもした。多才な人物であったろう事が想像できる。その故かこの、『淫本秋花 […]

もっと読む
溪斎英泉「淫本秋花盃」11図

渓斎英泉「淫本秋花盃」11図

渓斎英泉(いんさい・えいせん)の「淫本秋花盃」の11図です。 士分の家に生まれ士官するも、流浪。かなり変転の生活を送ったようである。遊女屋を経営したりもした。多才な人物であったろう事が想像できる。その故かこの、『淫本秋花 […]

もっと読む
溪斎英泉「淫本秋花盃」10図

渓斎英泉「淫本秋花盃」10図

渓斎英泉(いんさい・えいせん)の「淫本秋花盃」の10図です。 士分の家に生まれ士官するも、流浪。かなり変転の生活を送ったようである。遊女屋を経営したりもした。多才な人物であったろう事が想像できる。その故かこの、『淫本秋花 […]

もっと読む
溪斎英泉「淫本秋花盃」9図

渓斎英泉「淫本秋花盃」9図

渓斎英泉(いんさい・えいせん)の「淫本秋花盃」の9図です。 士分の家に生まれ士官するも、流浪。かなり変転の生活を送ったようである。遊女屋を経営したりもした。多才な人物であったろう事が想像できる。その故かこの、『淫本秋花盃 […]

もっと読む

Right-click prohibited