日別: 2017年7月7日

歌川国吉「春情吉原源氏」4図

歌川国吉「春情吉原源氏」4図

歌川国吉(うたがわ・くによし)の「春情吉原源氏」の4図です。豊国一門の末尾を飾る絵師。幕末の人、作風は新しい風潮を加え、嫌みがない。 後家の題。全裸の二人に豊満な豊かさが残る。  Sサイズ  72 d […]

もっと読む
歌川国吉「春情吉原源氏」3図

歌川国吉「春情吉原源氏」3図

歌川国吉(うたがわ・くによし)の「春情吉原源氏」の3図です。豊国一門の末尾を飾る絵師。幕末の人、作風は新しい風潮を加え、嫌みがない。 桐壺。跳ね上げるような足が、緋色に映える。”新聞は必ず七十五日の事、其の中に寿が有”と […]

もっと読む
歌川国吉「春情吉原源氏」2図

歌川国吉「春情吉原源氏」2図

歌川国吉(うたがわ・くによし)の「春情吉原源氏」の2図です。豊国一門の末尾を飾る絵師。幕末の人、作風は新しい風潮を加え、嫌みがない。 初連態。飛び付くように抱きつく娘、そばの手毬(てまり)、躍動感ある図。  S […]

もっと読む
歌川国吉「春情吉原源氏」1図

歌川国吉「春情吉原源氏」1図

歌川国吉(うたがわ・くによし)の「春情吉原源氏」の1図です。豊国一門の末尾を飾る絵師。幕末の人、作風は新しい風潮を加え、嫌みがない。 大きく取られた構図の中での男女の目と陽物(ようぶつ)と陰部がそれぞれ独立の主張をする。 […]

もっと読む
松亭金水「朝比奈巡」14図

松亭金水「朝比奈巡」14図

松亭金水(しょうてい・きんすい)の「朝比奈巡(あさひなめぐり)」の14図です。奇怪で異風の絵師で当時その画風を愛でる人も多かった。国貞(くにさだ)合作による作品もあり、歌川一派の交流も多く、国芳(くによし)にも通じる作品 […]

もっと読む
松亭金水「朝比奈巡」13図

松亭金水「朝比奈巡」13図

松亭金水(しょうてい・きんすい)の「朝比奈巡(あさひなめぐり)」の13図です。奇怪で異風の絵師で当時その画風を愛でる人も多かった。国貞(くにさだ)合作による作品もあり、歌川一派の交流も多く、国芳(くによし)にも通じる作品 […]

もっと読む
松亭金水「朝比奈巡」12図

松亭金水「朝比奈巡」12図

松亭金水(しょうてき・きんすい)の「朝比奈巡(あさひなめぐり)」の12図です。江戸時代後期の作家・松亭金水(寛政9年(1797年)-文久2年(1863年))は書道家・谷金川と為永春水(ためなが・しゅんすい)の弟子であった […]

もっと読む
松亭金水「朝比奈巡」11図

松亭金水「朝比奈巡」11図

松亭金水(しょうてい・きんすい)の「朝比奈巡(あさひなめぐり)」の11図です。江戸時代後期の作家・松亭金水(寛政9年(1797年)-文久2年(1863年))は書道家・谷金川と為永春水(ためなが・しゅんすい)の弟子であった […]

もっと読む
松亭金水「朝比奈巡」10図

松亭金水「朝比奈巡」10図

松亭金水(しょうてい・きんすい)の「朝比奈巡(あさひなめぐり)」の10図です。江戸時代後期の作家・松亭金水(寛政9年(1797年)-文久2年(1863年))は書道家・谷金川と為永春水(ためなが・しゅんすい)の弟子であった […]

もっと読む
松亭金水「朝比奈巡」9図

松亭金水「朝比奈巡」9図

松亭金水(しょうてい・きんすい)の「朝比奈巡(あさひなめぐり)」の9図です。江戸時代後期の作家・松亭金水(寛政9年(1797年)-文久2年(1863年))は書道家・谷金川と為永春水(ためなが・しゅんすい)の弟子であった。 […]

もっと読む

Right-click prohibited